再録:背中の痛みから夫婦別性について

*誤って削除してしまった対談でしたが、好意ある方からテキスト残ってるよと有難い申し出があり送って頂いたので再録します。
オリジナルは1/10~1/12の間に収録。

************************************

「北のロードバイク界の第一人者」
おう、ワイや。 背中の調子が悪いんよ~

「ロードバイクの大先生」 
まだおかしいですね。左にひねるのはなんでもないけど、右方向がね。 内臓系の疾患の可能性もあるというので焦って色々調べました。結果ギックリ背中という病名判明。 ギックリ腰じゃなくて、背中ってなんだよ?って感じですね。 

「北のロードバイク界の第一人者」
 御年始参りの時に犬を長時間抱いておってたんやけど、それがアカンかったんやな。 一時治りかけた時に身体を動かしたのが、これまたアカンかった。今はまた治りかけてるんやけど怖くて無理でけへんのや。結構難儀なもんやで。 

「ロードバイクの大先生」 
最近自転車朝散走に出かけないのはそのせいかな。 自転車に背中はあんまり関係ないとも思うけど。 

「北のロードバイク界の第一人者」 
朝散走に出ないのは違う理由や。ボチボチしたらまた走るわい。

 「ロードバイクの大先生」
 それにしてもこういう変な病気(怪我?)だと説明がめんどくさくてね。 痛みで顔をゆがめながら机に座ってると、どうしたんですか?と必ず問われて。 それで背中が痛いと云うと、え?背中?腰じゃなくて?と聞かれる。そのたびに背中なんですと訂正しなきゃいけない。実に面倒。かと云ってウソを云うとあとでまた面倒だし。 

「北のロードバイク界の第一人者」
 歯が原因で入院した人が知り合いにおってな、え?歯?腹じゃ?と必ず聞かれるので疲れた~云うとったわ。 

「ロードバイクの大先生」 
わかりますねぇ。 ところでここは病気ブログに? 

「北のロードバイク界の第一人者」 
いや。今日はたまたまやな。 以前のブログは自転車、音楽、犬、その他と渡っておって、それはそれなりに愉しかったやんけ。せやけど同じだとつまらんやろ。何か変化付けよう思うとるんや。 

ロードバイクの大先生」 
湿布の広告でも貼るのかと思いましたよ。 まぁ自転車、犬、音楽以外でも書きたいことは山ほどあるんだ。夫婦別性の件とか。 

「北のロードバイク界の第一人者」
 夫婦別性? いきなりまた唐突やな。

 「ロードバイクの大先生」
 私の知り合いでね、以下のような女性がいるんです。 生まれたときは苗字A、親が離婚して母親に引き取られ母親の旧姓Bに、母親が再婚して再婚相手の養父の苗字Cへ、その後自分が結婚して旦那の苗字Dに、そして離婚して・・・、さぁ、どの苗字に戻る?みたいな。しかもこの先再婚の可能性も。 それ聞いたとき眩暈がしましたよ。免許から銀行通帳から、何から何まで変更になるそうな。大変でしょ。

 「北のロードバイク界の第一人者」 
女に生まれなくてよかったやんけ。 

「ロードバイクの大先生」
 いや、そういう問題じゃなくてさ。 

「北のロードバイク界の第一人者」 
つまりオドレは夫婦別姓に賛成云うことけ?

 「ロードバイクの大先生」 
う~ん、なんとも云えないけど。しかし先の女性のようなケースを考えると、やはり何らかの対策は必要じゃないかと思いますね。

 「北のロードバイク界の第一人者」 
名前の方で登録という技があるそうやけど、無理な場合もありそうやな 。
にしても夫婦別姓って、一時期マスコミでもかなり話題になったけど、今は一体どこに消えたんや?いう話やんけ。 

「ロードバイクの大先生」 
世の中は移り気なんです。 

「北のロードバイク界の第一人者」 
天皇退位をめぐって元号変更の話が出とるけど、夫婦別姓のようにウヤムヤにならんかの。 

「ロードバイクの大先生」 
ウヤムヤになって欲しいんですか? 

「北のロードバイク界の第一人者」 
変わったらめんどくさいやんけ。 

「ロードバイクの大先生」 
確かに。

この記事へのコメント